示談交渉のタイミング

人身事故では、もっとも多いケースが示談による解決です。人身事故を起こした当事者同士が保険会社などを通して話し合い、お互いが納得できる金額を決めて解決します。車の保険に入っていることが多いので、保険会社同士が交渉して金額を決めて被害者と加害者に提案するのですが、実はその金額はかなり低く設定されていることが多いのです。保険会社も商売なので、低い金額であればあるほどうれしいのです。しかし、法のプロフェッショナルである弁護士にお願いすれば、裁判所基準の額での請求訴訟が起こせるので強気で高額請求ができます。無料相談を実施している弁護士さんも多くいらっしゃるので、ぜひ相談してみてください。

示談交渉のタイミングですが、事故後すぐではなく、退院・通院が終わり治療が完了したタイミングからの示談交渉がベストといえます。その理由は、その時に損害賠償額が決定することと一度示談が成立してしまうと、そのあとの示談金の増額減額は基本的に認められないからです。後遺症が残ったなどその後にわかったことがあれば請求できますがとても難航することが多いです。症状が固定されるのにかかる期間は約半年といわれています。後遺症がないか不安な場合は、半年待ってから示談交渉を開始することをお勧めします。